ニキビ跡の原因

ニキビ跡ができる原因はいくつかあります。

 

赤みのあるニキビ跡

ニキビのある顔

これはよく赤ら顔のようなタイプの方に見られるあとで、頬や鼻のまわりなどにできやすいです。

 

このニキビの炎症で皮膚の表面組織が弱くなり、そのために周りの毛細血管が活発に働くようになります。

 

この毛細血管に流れる血液が皮膚を赤く見せるようになります。

 

濃いシミのようなニキビ跡

このタイプのニキビ跡は、メラニン色素の影響でできます。

 

メラニン色素は紫外線などにたくさん含まれています。

 

通常であればメラニン色素は肌の新陳代謝により排出されるのですが、ニキビの炎症で弱った肌は正しいターンオーバーが行われなくなっています。

 

そこでメラニン色素が排出されず、これが濃いシミの原因となります。

 

肌の表面に凹凸のあるニキビ跡

これはニキビにより肌の炎症が深層部へ影響を及ぼし、お肌の真皮層が傷つけられ、お肌に凹凸が生じます。

 

特にこのような深いクレーター上のニキビ跡は後々まで残りやすく、早めに対処するほうがよいです。

 

ケロイド化したニキビ跡

重度の炎症性ニキビで肌に硬く盛り上がったしこりができたものです。

 

これはニキビ跡が肌の奥深くまで炎症を起させ、化膿が進んだのが原因で起こります。

 

このようにいくつかのニキビ跡の種類別に原因があります。

 

 

顔を触る女性

ニキビ跡の治し方

洗顔する女性

ニキビの対策方法はさまざまです。症状によって対策方法も違います。

 

ニキビの原因は過剰な皮脂分泌です。

 

過剰に分泌された皮脂がお肌に存在するアクネ菌、マラセチア菌のような常在菌と結合して角質となり、それが毛穴に詰まってお肌が炎症を起こし、ニキビができるようになります。

 

そのため皮脂分泌を過剰に起こさないことや、毛穴の詰まりを起こさないように清潔に洗浄することが大切になります。

 

もしニキビができてしまった場合は、炎症をおさえるお薬が最も効果があります。

 

お薬

菌の増殖を抑えて炎症を和らげます。

 

そしてそれ以外にもニキビ用の洗顔料などでしっかりと洗浄することも大切です。

 

ニキビ肌の方は、一度ニキビが治ってももともと皮脂の分泌が多い脂性タイプの肌であることが多いので、普段から洗顔を丁寧にすることが大切です。

 

そしてもしニキビの跡が残ってしまったら、専用のお薬や化粧品があります。

 

ニキビはどうしても跡が残りやすいので早めの対策が必要です。

 

化粧品でこれをカバーするために厚くファンデーションを塗ったり、しみ消しやカバー用のクリームを塗るのは一時的には隠すことができますが、幹部に化粧品が触れてさらに症状がわるくなったりすることもありますので、できればニキビ跡専用のお薬や化粧品での対策がおススメです。

 

▼ ニキビ跡ケアにはパルクレール美容液 ▼

パルクレール美容液公式サイト

ニキビ跡を早く治す方法

ニキビ顔

現在進行形のニキビだけでなく、ニキビが治った後のニキビ跡に悩んでいる方も少なくないと思います。

 

ニキビ跡が赤くなったり茶色くなったり色素沈着を起こしてしまうと、メイクでもカバーしきれなくなってしまいます。

 

また炎症が強かった場合は、クレーターみたいにボコボコになってしまうこともあります。

 

ニキビ自体は治っているのにいつまでもニキビ跡が目立つと辛いですよね。

 

睡眠

ニキビ跡を早く治すには、新陳代謝を良くして肌のターンオーバーによる回復を待つしかありません。

 

そのためには、栄養バランスのとれた食事、良質の睡眠、適度な運動といった健康のための基本的なポイントを守ることが重要です。

 

その上で、ニキビ跡のシミなら美白成分の含まれる化粧品を利用してみると早く治すことができるかもしれません。

 

ニキビ跡のケア用化粧品として美白成分をはじめさまざまなケア成分を配合した化粧品が出ているので試してみると良いでしょう。

 

またピーリングも効果的なのですが、ピーリング後のケアと紫外線対策をしっかりとしないと逆効果になってしまいます。

 

またクレーター状のニキビ跡になってしまうと、なかなか回復は難しいです。早く治すのなら皮膚科でレーザー治療などを相談してみるのが良いかもしれません。

 

▼ ニキビ跡ケアにはパルクレール美容液 ▼

パルクレール美容液公式サイト

 

【パルクレール vs メルライン】どちらがニキビに効果がある?