ニキビ・吹き出物に効く食べ物・効かない食べ物

メルライン公式サイト

 

ニキビや吹き出物の症状の改善や解消、或いは予防のために大切なことの1つは何と言っても食生活です。

 

食事は毎日することであって人が生きていくための基本でもあり、ニキビや吹き出物のない、健康的な肌を手にいれるためにもおろそかには出来ません。

 

そこでここではニキビや吹き出物に効く栄養素を含む食べ物と、そうでない食べ物について、お話していきたいと思います。

野菜

ニキビや吹き出物に効く栄養素で、代表的なものとしてはビタミンB群があります。

 

ビタミンB群は肌の再生や皮ふや髪に、栄養を与える働きをする栄養素です。

 

まずB1とB12は神経・血液と関わりが深く、肌に必要な栄養を運ぶのには殊に欠かすことが出来ません。

 

B2・B3(ナイアシン)・B5(パントテン酸)・B6も同じ位重要な成分です。

 

B1は胚芽米、B2は納豆、B3やB6はマグロ、B5は卵、B12はレバーが栄養分を含む代表的な食べ物です。

 

次に大事な栄養素はビタミンCで、ビタミンCには抗酸化成分があり、活性酸素から肌を守る役割を果たし、ニキビの炎症を抑えて肌の再生もサポートしてくれます。

 

オレンジ

ニキビ跡の解消にも効果があり、レモンやオレンジ等の柑橘系を中心とした果物の他、赤ピーマン・黄ピーマン等の緑黄色野菜や、ビタミンC入りのジュースも有効です。

 

またビタミンEも抗酸化作用があり、活性酸素の除去と血行促進の効果により、肌に栄養を行き届きやすくしてくれます。

 

アン肝・イクラ・筋子・キャビア等の、主に魚卵類に多く含まれています。

 

次にビタミンAも皮ふや粘膜の働きや免疫をよくする効果があり、ニキビの原因となるアクネ菌の撃退にも効果があります。

 

鶏や豚のレバー等に多く含まれています。

 

発酵食品

次に大事な栄養素は食物繊維です。

 

食物繊維はニキビの原因と言われる便秘の解消に効果があり、腸内環境を良好にしてくれます。

 

豆類・イモ類・ゴボウ等の根菜類に多く含まれています。

 

その他腸内環境を整えるためには乳酸菌も有効ですが、これはヨーグルトや糠漬等の発酵食品に多く含まれています。

 

野菜から効率よくビタミン類を摂取したい人は、糖質を控えた野菜ジュースやスムージー等にすると摂りやすくなります。

ニキビ顔

 

次にニキビや吹き出物に効かない食べ物、正確に言いますと、摂り過ぎない方がよい食べ物を御紹介します。

 

摂り過ぎると良くない食べ物はスナック菓子や、ケーキ・クッキー等のスイーツ類、或いはバターやクリームを多く含むアイスクリーム等の食べ物です。

 

また刺激性のある珈琲も飲み過ぎたり、夜遅い時間に飲んだりしますと生活のリズムが狂い、寝付きが悪くなって、ニキビや吹き出物の症状が悪化する可能性がありますので、充分注意しましょう。

 

珈琲の成分は、皮脂の分泌を調節するビタミンやミネラルを体外に排出させて、皮脂の分泌を逆に増やしてしまう可能性があることを、よく覚えておいてください。

 

また内臓にも負担がかかりますから、胃腸の調子が悪いためにニキビができている人も珈琲類の摂取は控えてください。

 

お酒を始めとするアルコールの摂り過ぎも肌の健康にはマイナスとなりますので、くれぐれも飲み過ぎないようにしましょう。

 

【パルクレール vs メルライン】どちらがニキビに効果がある?