妊娠中に吹き出物ができる原因と対処法

メルライン公式サイト

 

主に妊娠初期の女性で、ニキビ(吹き出物)に悩んでいる人は多いと思います。

妊婦さん

 

そこでここでは、妊娠中にニキビができる原因と対処法について、お話していきたいと思います。

 

これらの症状は妊娠16週目以降になって体調が整い、女性ホルモンが安定しますと、肌の調子が良くなって改善されると言われています。

 

妊娠初期に増加するホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンですが、これが急激に増加することが、ニキビの原因となるのです。

 

プロゲステロンの方は、妊娠を継続するのに不可欠なホルモンですが、肌の皮脂の分泌を促すために、更に皮脂量が過剰になって毛穴が詰まった結果、皮脂が溜まってニキビになるのです。

 

成人してからできる大人ニキビの原因で、多いと言われるのが便秘によるものです。

 

妊娠時は子宮の周りの胃や腸が圧迫されることで、身体の動きが鈍くなります。

 

運動

その結果運動不足となって便秘になるのです。

 

便秘になるということは、腸内に老廃物が溜まったままということですから腸内環境も悪くなり、ニキビができやすくなるのです。

 

またこれは便秘になることとも関連しますが、食生活もニキビのできる原因となります。

 

妊娠時は食の嗜好が変わりやすく、妊娠初期のつわりの時期に食生活が変わりやすいとも言われています。

 

レモンや梅干のような酸っぱいもの等、特定のものしか食べられなくなり、偏食によって栄養のバランスが悪くなって、ニキビを始めとする肌荒れを起こしてしまうのです。

 

次に考えられる原因は睡眠の質です。

睡眠

 

特につわりのひどい時期は夜よく眠くなくなり、自律神経が乱れてしまったり、妊娠の中期や後期にお腹が大きくなってきますと、膀胱が圧迫されることによって頻尿になったり、お腹の赤ちゃんが動くことで睡眠不足になったりといったことがあり、男性ホルモンの分泌が増え皮脂が多く分泌されることでニキビの原因となるのです。

 

次に妊娠中にニキビができた場合や、ニキビを予防するための対処法をご紹介していきます。

 

まず最初はメイクについてです。

 

メイク

メイクには低刺激の基礎化粧品を使い、オイルフリーやパウダータイプのファンデーションを使用するようにしてください。

 

ファンデーションは薄付けにしておき、アイメイクやチーク或いはリップで、ポイントメイクにすると良いでしょう。

 

家に居るときにはすっぴんでいるのが理想ですが、UV対策はしっかりとってください。

 

次はスキンケアについてです。

 

洗顔

スキンケアで特に大切なのは洗顔です。肌に優しい植物由来で低刺激の洗顔料を使用し、指が肌につかないようによく泡立てて、優しく洗うようにしましょう。

 

洗顔は1日2〜3回行い、洗顔後の保湿も忘れずに行いましょう。

 

また週1回は毛穴の汚れをとるパックを行うことをお勧めします。

 

これはプレーンヨーグルトに小麦粉を少し足し、程良い固さにしたものを顔に伸ばし、ラップでカバーして5分ほどおき、後は洗い流すだけなので簡単です。

 

ニキビの症状があまりにもひどいときは、自己流の処置をしないで、是非かかりつけの産科や皮ふ科を受診してください。

 

また食生活はビタミン・ミネラル・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・コラーゲン・食物繊維等の栄養成分を摂ることを心がけ、野菜や魚をメインにした和食中心の食事を摂るようにしましょう。

 

充分に睡眠をとれるよう、無理のない範囲でマタニティヨガ等の軽い運動を行うことも、スムーズな出産と共にニキビ症状の改善や予防につながると思います。

 

【パルクレール vs メルライン】どちらがニキビに効果がある?